KOIKE 製品情報切断・加熱機器

パイクル1号Ⅱ型

パイプ切断機

パイクル1号Ⅱ型-100.jpg

<Overview>
パイプラインの敷設、工事現場の実態を十分に研究し
開発したコンパクトなパイプ切断機です。
パイプ加工の大半を占める、寸法切断、開先切断など、
大小様々なパイプの切断加工に大きな威力を発揮します。
手動で機体を駆動するので、電源のない場所での
作業に最適です。本体中央部に組込ませたスプロケットと、
パイプ外周に張られた駆動チェーンとの組み合わせにより、
機体下部のローラーがパイプ外周をスムーズに駆動します。
駆動チェーンは、パイプ径に合せて1コマずつ増減できる
連結式となっています。

パイクル1号Ⅱ型-sub40.jpg

<Feature>
・本体重量わずか8.5kgと小型軽量で、片手で持ち運びが可能。
・電源を必要とせず、どんな作業現場でも十分に性能を発揮。
・チェーンの増減だけでΦ114~600mmまで切断可能。
・ノーマーキングで高精度の輪切り、開先切断が可能。
・仕上げ不要の優れた切断品質。
  フランジ・パイプの突合せ溶接が切断後可能。
・切断機の固定や移動は機体上部の蝶ナットを緩めるだけ。

<主な構成と付属品>
・切断機本体「パイクル1号Ⅱ型」
・チェーン(80コマ)
・取扱説明書
・火口掃除針
・火口 106型#0、1、2

パイクル1号Ⅱ型主仕様
切断板厚 5~30mm
開先角度 0~45°
有効切断パイプ径 φ114~600mm
トーチ上下ストローク 50mm
トーチ送りストローク 100mm
駆動方式 手動
車輪幅 210mm
高さ 410mm
重量 8.5kg
火口 100型 #0,1,2
付属チェーン 80コマ(2.4M相当)