KOIKE 製品情報切断・加熱機器

FIBERGRAPHシリーズ

厚板用ファイバーレーザのパイオニア

最先端の技術を駆使したKOIKEの門型ファイバーレーザ切断機です。

ファイバーレーザ技術の誕生以来、KOIKEは厚板ファイバーレーザ切断市場をリードし続けています。

FIBERGRAPH1.jpg

<Overview>
ファイバーレーザ切断機なら、ランニングコストが驚くほど
抑えられます。CO2と比較し発振効率に優れ、電気消費量を
大幅に削減できます。ミラー、ターボブロア等の高額な交換
部品や定期メンテナンスも必要としません。レーザガスも不要
です。FIBERGRAPHは、定尺ハウジングタイプでは対応でき
ない厚板・大板の切断に特化しています。CO2レーザに比べ
鋼材の熱吸収率が高くなる特性を活かし、より低出力で同等の
切断能力を発揮します。また、豊富な納入実績と安全基準に
より、設置エリアに囲いを設けなくても十分な安全を確保して
います。

<Feature>
・発振器は2kW、3kW、5kW、6kWをご用意。
・ピアシング時間はCO2比約1/2。
・発振器及びチラーユニットの消費電力はCO2比約1/3。
・ランニングコストはCO2比約1/2。
・有効幅/有効長は自由に設定可能。
・経時変化が少なく頻繁な諸元調整が不要。
・保護ガラスを装着し、集光レンズへのダメージを低減。
・レーザ光を外部に漏らさない多重カバー構造を採用。

FIBERGRAPH主仕様
型式 FIBERGRAPH-XX20 FIBERGRAPH-XX30 FIBERGRAPH-XX50 FIBERGRAPH-XX60
発振器 YLS-2000 FF3000i-A YLS-5000 FF6000i-A
定格出力 2000W 3000W 5000W 6000W
レーザの種類 ファイバーレーザ
構造 門型・発振器別置式
CNC FUNUC Series 0i/FUNUC Series 31i
レールスパン 3500~6500mm(500mm刻み)
レール長 4800×Nmm(MAX.30000mm)
有効切断幅 レールスパン-1000mm
有効切断長 レール長-3000mm
最大切断速度 10000mm/min(高速仕様:24000mm/min)
最大早送り速度 24000mm/min(高速仕様:36000mm/min)
最大トーチ上下速度 手動送り時:3000mm/min
自動運転時:20000mm/min
切断可能板厚 軟鋼 3.2~19mm 3.2~22mm 3.2~32mm 3.2~36mm
ステンレス 1.5~8mm 1.5~12mm 1.5~28mm 1.5~30mm
FIBERGRAPH-sub100.jpg

ご紹介ビデオ(FIBERGRAPH-DBC)

ダウンロード